お子さんの年代に合わせた歯科治療

  • ホーム  > 
  • お子さんの年代に合わせた歯科治療

お子さんの成長段階に合わせた歯科治療

  • 小児歯科
  • お子さんのお口の健康を守りましょう
  • お子さんの年代別治療法

小さなお子さんにとって、お口の健康は将来にわたる全身の健康につながります。子どものときに適切な予防処置を受け、歯の知識を身につけることがむし歯をなくし、歯を長持ちさせる秘訣なのです。ここでは四條畷市「医療法人 河野歯科」がお子さんの年代に合わせたお口のケアのポイントをご紹介します。

成長の段階に合わせたお口のケアを

成長の段階に合わせたお口のケアを

ただ単にむし歯を削ることだけが歯科治療ではありません。成長期の子どもの歯やあごの骨格はどんどん発達していくため、その成長に合わせたアプローチが必要です。

当院ではブラッシング指導や定期検診など、お子さんの成長に合わせた予防や習慣づけをアドバイスしています。お子さんのお口の中が健やかに成長していけるよう、親御さんと一緒に見守っていきたいと考えております。

3~6歳ごろまでの対策

「食育」でむし歯のリスクを軽減しましょう

「食育」でむし歯のリスクを軽減しましょう

正しい食事の知識や習慣を身につけることを「食育」といいます。たとえば、甘いものばかり食べているとむし歯になるだけでなく、栄養が偏ってしまいます。栄養のバランスを考える、食事時間をきちんと決めるなど、健康な食生活を心がけてあげてください。

毎日ブラッシングする習慣づけをしましょう

毎日ブラッシングする習慣づけをしましょう

いつまでも親御さんがブラッシングをしてあげていると、自分から歯をみがく習慣が身につきません。なるべくお子さん自身にブラッシングをさせ、仕上げを親御さんがしてあげるようにしましょう。上手にみがくことができなくても、「よくみがけたね!」とほめてあげることで、お子さんも自信がつき、ブラッシングへの抵抗がなくなります。

定期検診でしっかり予防

乳歯が生え揃うのは3歳くらい。このころに80%近くの子どもがむし歯になるという、重要な時期でもあります。
歯が生えはじめたら最低でも半年に一度、できれば3ヶ月に一度は歯医者で定期検診を受けるようにしましょう。フッ素塗布などの予防措置や、効果の高いブラッシング指導を受けることができます。

親御さんの手で仕上げみがきを

親御さんの手で仕上げみがきを

自分で歯をみがく習慣をつけることは大切ですが、まだひとりで上手にみがくことは難しい年齢です。親御さんが仕上げみがきをしてチェックしてあげましょう。

仕上げみがきのときは、お子さんの頭が動かないようにひざの上に寝かせ、奥まできちんとのぞける体制で行います。フッ素入りの歯みがきペーストや微量のフッ素ジェルを使うと、むし歯予防にもなり効果的です。

6~12歳ごろまでの対策

乳歯、生えたての永久歯のむし歯に要注意

乳歯、生えたての永久歯のむし歯に要注意

一般に6歳ごろから永久歯への生え替わりが始まります。「どうせ生え替わるから」と、乳歯のむし歯を放っておくのはとても危険です。乳歯はむし歯の進行が早く、この時期のトラブルはその下の永久歯にも影響してしまう恐れがあります。生えたばかりの永久歯もむし歯になりやすいので、積極的な予防措置が必要です。

生え替わりの時期は仕上げみがきを丁寧に

生え替わりの時期のお口の中は、乳歯と永久歯が混ざって歯の高さにばらつきがあったり、抜けた部分があったりと歯並びが悪い状態です。それだけに、汚れがたまりやすくなっています。この時期には特に念入りに仕上げみがきをし、お子さんの歯を守ってあげてください。

幼児期より一歩進んだ食育を

生えたての永久歯は酸に対する抵抗力が弱く、むし歯になりやすい状態です。また、食事以外にものを食べる機会が増える時期でもあります。おやつを食べるタイミングや甘いもののとりすぎに注意する、ものをしっかり咬むなど、お子さん自身が規則正しい食生活を意識できるように、第二の食育を心がけましょう。

フッ素塗布で永久歯のむし歯予防を

フッ素は歯の表面のエナメル質の成分と結びついて「むし歯に強い歯」をつくる効果があります。次々と歯が生え替わる時期には、ブラッシングにフッ素入りのペーストなどを使うことをおすすめします。

歯科医の定期検診で使われるフッ素塗布はさらに強力な予防効果があります。3ヶ月に一度は定期検診を受けるようにすることで、より一層むし歯を予防できます。

12~15歳ごろまでの対策

予防のために定期的に検診を受けましょう

予防のために定期的に検診を受けましょう

12歳前後になるとお子さんの生活も変化し、学校行事や習い事などで歯医者に行く機会が減ってしまいます。しかし、歯の健康は一生の健康につながる大切な存在。「痛くなったら治療」という考え方では、歯の寿命を縮めてしまいます。なによりも「予防」を第一に、痛みがなくても早い段階でむし歯を発見できるよう、定期的に検診を受けるようにしましょう。

当院では、お子さんの歯を守るために、さまざまな処置をしております

お子さんのお口の健康を守りましょう