治療を中断するデメリット

  • ホーム  > 
  • 治療を中断するデメリット

こんなトラブルも? 治療を中断するデメリット

  • 予防歯科
  • 定期検診で3ヶ月に一度お呼びする理由
  • 治療を中断するデメリット

風邪は病院へ行かずに治ることがあっても、むし歯や歯周病はそうはいきません。極初期のむし歯であれば、再石灰化の作用で治る場合もありますが、違和感を覚えたらできるだけ早く受診することが大切です。むし歯は進行すると治療が複雑になるため、当然通院回数が多くなります。すると治療を途中リタイアする人も……。四條畷市の「医療法人 河野歯科」では、治療を中断することのデメリットをご説明します。

治療は途中でやめずに最後まで

治療は途中でやめずに最後まで

むし歯の治療は初期でも1回で済むことはほとんどありません。進行するとなおさら通院回数が増えていきます。そうすると「仕事が忙しい」などの理由で治療を中断する人も……。実はこの「治療の中断」がお口の健康にとって大きなリスクを伴います。

治療を途中で中断してしまうと……

治療を中断すると、どのようなリスクがあるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

応急処置だけで中断
本格的な治療を行う前に、とにかく早急に痛みを緩和するため、痛み止めの処方などの応急処置をする場合があります。痛みが収まりホッとするかもしれませんが、当然根本的な解決にはなっていません。このまま治療をしなければ、さらに症状がひどくなる可能性が大いにありまます。
抜歯が必要と診断されたまま中断
むし歯や歯周病が進行し、残念ながら抜歯を必要とするケースがあります。抜歯が必要といわれ、歯科医院から足が遠のく患者さんもいらっしゃいますが、そのまま進行し、神経に到達する重度のむし歯になってしまった場合の痛みに比べれば、抜歯の一時的な痛みの方がましだといえます。
仮の措置をした段階で中断
むし歯や歯周病の治療の際、患部にいったん仮歯や薬剤をつめるなど、仮の措置をする場合があります。痛みが収まったからと中断してしまうと、さまざまな弊害が生じます。
歯の神経を取った状態で中断
例えば根管治療などで神経を取り除くことがあります。取り除いた状態で放置することは極めて危険です。むき出しになった歯の内部は抵抗力が非常に弱く、そのままにしておくとむし歯や歯周病の進行につながるからです。今回内部も今以上に汚染されてしまうおそれがあります。
型取りをした状態で中断
被せ物を作るための型取りをして、そのまま治療を中断される患者さんがいらっしゃいます。後は被せ物を入れてもらうだけだと、何となくホッとするからかもしれません。実は、同じ患者さんでも、お口の中は日々違います。期間が空きすぎると、せっかくつくった被せ物が合わなくなることも。再度の作り直しにより身体的、経済的負担がかかります。
薬剤をつめたり仮歯を入れたりした状態で中断
応急処置で痛みのある歯に薬剤を詰めることがあります。その効果によって痛みが引く場合もありますが、このまま放っておくと、むし歯や歯周病が進行するおそれが……。また、型取りをして被せ物ができあがるまでの間、いったん仮歯をつけます。仮歯はあくまでも「仮」の歯。長期的な使用に耐え得るつくりにはなっていませんので、ずっとつけていると、すり減ってきたり、咬み合わせが悪くなったりとさまざまな不具合が生じます。

通院しづらくなってしまった方へ

さまざまな理由でやむを得ず通院を中断される方がいらっしゃいます。時間の制約がある場合は初診の段階で、ご相談いただければ最大限ご協力します。一番避けたいのは、行けない日が続いて、気まずさから他院でイチからやり直すことです。身体的にも経済的にも、負担の重複になってしまうからです。患者さんのさまざまなご事情、当院ではご理解しております。治療の期間があいていても、気兼ねせずに何でもご相談ください。

あなたに最適な予防ケアを提案する予防歯科で いつまでも健康な歯を

「3ヶ月に一度の定期検診」が必要な理由は?