子どもの歯が気になる(小児歯科)

  • ホーム  > 
  • 子どもの歯が気になる(小児歯科)

お子さんの歯をむし歯から守りたい~小児歯科~

  • 小児歯科
  • お子さんのお口の健康を守りましょう
  • お子さんの年代別治療法

お子さんの乳歯は、大人の歯に比べてやわらかく、奥歯の形も複雑でむし歯になりやすいため、定期的なチェックとケアが欠かせません。乳歯を健康な状態に保てるかどうかが、将来の歯の健康や歯並びにも影響します。むし歯になってから治療を行うのは当然ですが、むし歯にならないように予防することがもっとも大切なのです。

マタニティ期のお母さんは、十分な睡眠と、バランスのよい食事で規則正しい生活を送るようにしましょう。そして、歯科治療や定期検診を受け、お母さん自身が良好な口腔内環境を整えておくことが、生まれてくる赤ちゃんの歯を守ることにもつながります。

お子さんの歯をむし歯から守りたいお母さんへ

お子さんの歯をむし歯から守りたいお母さんへ

むし歯の治療経験をお持ちの多くの親御さんは、むし歯やむし歯治療の痛みを知っているからこそ、かわいいお子さんには同じ思いをさせたくないとお考えでしょう。もし、お子さんの口腔内になにかしらの異変が生じていたとしても、小さなお子さんは自分でそれに気づくことはできませんし、適切なケアをすることもできません。

お子さんの歯をむし歯から守るためには、日ごろから親御さんがお子さんの口腔内をよくチェックし、適切なケアをしてあげることが大切なのです。

子どもをむし歯にさせないために

シーラント

シーラント

汚れがたまりやすい奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めて、汚れをたまりにくくします。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化するはたらきを持つフッ素を歯の表面に塗布して、むし歯になりにくくします。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子さん一人ひとりに合った上手なみがき方をお教えします。親御さんには仕上げみがきの方法をご説明します。

過剰歯(かじょうし)の抜歯

過剰歯(かじょうし)の抜歯

「過剰歯(かじょうし)」とは、本来生えてくる歯の本数以上に生えた歯のことです。過剰歯(かじょうし)があると、全体の歯並びに悪影響を及ぼす可能性がありますので、早めの抜歯をおすすめします。

ムーシールド

ムーシールド

乳歯期のお子さんの受け口の矯正治療を行うのがムーシールドです。就寝時にマウスピースを装着することで症状の改善を図ります。

食育のアドバイス

お子さんの歯をむし歯から守るためには、小さいころからの食育がとても大切です。むし歯になりにくいおやつの与え方や、与えすぎに注意すべき食べもの・飲みもの、野菜嫌いを克服する食べさせ方など、食育に関するアドバイスを行います。

定期検診をおすすめします

定期検診をおすすめします

お子さんの口腔内の状況は、成長に合わせて少しずつ変化していきます。その変化が、様子見だけでよい変化なのか、すぐに受診すべき変化なのかを親御さんだけで見極めることは困難です。だからこそ、定期的に歯科医師によるチェックを受けることが大切なのです。

定期検診を受けることで、口腔内に何か異変が起きていても早期発見・早期治療が可能となります。定期検診を受ける習慣を身につけることが、結果的にお子さんの負担を減らすことにつながるのです。

妊娠中の口腔内ケアについて ~マタニティ歯科~

妊娠中の口腔内ケアについて ~マタニティ歯科~

妊娠中は、ホルモンバランスが変化し非妊娠時よりもお口のトラブルに見舞われやすくなります。つわりで一度の食事量が減り、食事回数が増えることに加え、つわりのためにブラッシングがしにくくなるため、むし歯になりやすい口腔内環境になったり、免疫力が低下するため歯周病になったりするリスクが高まります。
妊娠中に口腔内環境を整えておくことは、赤ちゃんの歯を守ることにもつながるので、歯の違和感の有無にかかわらず、歯科医院での診療を受けましょう。四條畷市の歯医者「医療法人 河野歯科」には女性ドクターが在籍していますので、妊娠中のお口のケアについてアドバイスが可能です。男性ドクターには相談しにくいことなどは女性ドクターが対応いたしますので、ご希望がございましたらお伝えください。

大切なのは、治療よりも予防すること 予防歯科はこちらから