抜けた歯を補いたい(インプラント)

  • ホーム  > 
  • 抜けた歯を補いたい(インプラント)

しっかりと咬めて見た目もより美しくする
~インプラント~

むし歯や歯周病など、なんらかの原因で歯が抜けてしまった場合、そのまま放置してしまうと歯並びの乱れなどにつながります。その場合は少しでも早く歯の機能を回復させる治療を受ける必要があります。大阪府四條畷市の「医療法人 河野歯科」が歯を失った際におすすめしている治療が「インプラント」です。自分の歯のような咬み心地と、見た目の美しさの両方をお求めの方には最適な治療といえます。

こちらでは、歯を補う入れ歯やブリッジなどの治療法との比較や具体的な症例、治療後の注意点などにふれながら、インプラントについて詳しくご紹介します。

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントは歯の機能を回復させる治療のひとつで、自分の歯のようにしっかりとした咬み心地を得られる点が大きな特徴です。歯を失った部分のあごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着することで、見た目と歯の機能も回復します。

骨に埋め込むインプラントは生体親和性の高いチタン製で、あごの骨としっかり結合するため、ぐらつくこともありません。装着する人工歯は、周囲の天然歯の白さや透明感を合わせてつくることができるため、見た目が自然に仕上がるのも特徴です。まわりの健康な歯に負担をかけずに治療を行える点も、インプラントならではのメリットです。

インプラント治療は、30年以上も前から行われている歴史のある治療法で、インプラント体の品質および治療の精度も臨床例の増加とともに高まっていますので、安心して治療を受けていただけます。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

  入れ歯 ブリッジ インプラント
入れ歯 ブリッジ インプラント
特徴 歯型を採取して作成された人工歯です。取り外し可能なのが特徴です。 連なった人工歯を、失った歯の両側の歯に橋をかけるように固定する補綴物です。 歯を失った部分のあごの骨に埋め込んだ人工歯根(インプラント)の上に人工歯を装着する補綴物です。
メリット
  • 保険が適用されるため安価
  • 完成まで1ヶ月程度と短期間
  • 固定式で違和感が少ない
  • 保険が適用される素材もある
  • 見た目が自然で違和感がなく美しい
  • 周囲の歯に負担をかけることなく硬いものでもしっかりと咬める
  • 1本から治療可能
デメリット
  • 審美性が低い
  • 咬む力の回復力が低い
  • 慣れるまで違和感がある
  • あごの骨が痩せやすく、合わなくなっていく
  • 支えとなる健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に負担が大きくかかる
  • 食べかすがたまりやすい
  • 外科手術が必要
  • 保険が適用されないため治療費が高額
  • 治療期間が半年から1年と長い
  • インプラント周囲炎を予防するための継続したメインテナンスが必要
  入れ歯
入れ歯
特徴 歯型を採取して作成された人工歯です。取り外し可能なのが特徴です。
メリット
  • 保険が適用されるため安価
  • 完成まで1ヶ月程度と短期間
デメリット
  • 審美性が低い
  • 咬む力の回復力が低い
  • 慣れるまで違和感がある
  • あごの骨が痩せやすく、合わなくなっていく
  ブリッジ
ブリッジ
特徴 連なった人工歯を、失った歯の両側の歯に橋をかけるように固定する補綴物です。
メリット
  • 固定式で違和感が少ない
  • 保険が適用される素材もある
デメリット
  • 支えとなる健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に負担が大きくかかる
  • 食べかすがたまりやすい
  インプラント
インプラント
特徴 歯を失った部分のあごの骨に埋め込んだ人工歯根(インプラント)の上に人工歯を装着する補綴物です。
メリット
  • 見た目が自然で違和感がなく美しい
  • 周囲の歯に負担をかけることなく硬いものでもしっかりと咬める
  • 1本から治療可能
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 保険が適用されないため治療費が高額
  • 治療期間が半年から1年と長い
  • インプラント周囲炎を予防するための継続したメインテナンスが必要

あごの骨が少ない場合の処置

あごの骨にインプラントをしっかりと固定するためには、ある程度の骨の密度と厚さが必要です。あごの骨が足りない場合には、骨の量を増やす「ソケットリフト」「GBR法」といった処置を行います。

ソケットリフト

ソケットリフト

上あごの奥歯部分の上側には、上顎洞(じょうがくどう)という空洞があります。この部分の骨の厚みが足らない場合に行う処置がソケットリフトです。インプラントを埋入する部分から専用の器具で上顎洞(じょうがくどう)の底の膜部分を押し上げて骨補填剤を注入し、あごの骨を再生させることで厚みを確保します。

GBR法

GBR法

GBR(骨誘導再生)法とは、欠損したあごの骨の骨組織の再生を促す治療方法です。あごの骨が不足している部分を「メンブレン」という特殊な人工膜で覆って、骨を作るスペースを確保したうえで、砕いた自分の骨の一部、もしくは骨補填剤を注入してあごの骨を再生させ、厚みを確保します。

インプラント治療の症例

四條畷市の歯医者「医療法人 河野歯科」でのインプラント治療の症例をご紹介します。

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

インプラントは治療後が大切です

インプラントは人工的な素材でできています。人工物だからといってむし歯や歯周病とはまったく無関係なわけではありません。人工歯そのものはむし歯になることはありませんが、その歯と連結しているインプラントの周辺は、人工物ではなく天然の組織です。メインテナンスを怠ると、インプラント周辺の組織が細菌に冒され、歯周病に似た症状の「インプラント周囲炎」を引き起こすことがあります。

インプラント周囲炎は進行とともにあごの骨を溶かし、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。インプラントを快適な状態で長くお使いいただけるよう、日常の適切なセルフケアはもちろん、定期的に歯科医院で口腔内のチェックや専門的なクリーニングを受けるようにしましょう。インプラントは治療後のメインテナンスが大切なのです。

インプラント料金表

人工歯根 費用
自費治療 インプラント 300,000円~/1本(上部冠込み)

痛い、しっかり咬めない入れ歯でお悩みではないですか?お口に合った入れ歯をお探しの方はこちらから

セラミック素材の白い歯で、美しい口元に審美歯科はこちらから