歯が痛い(一般歯科)

歯が痛い、しみるなど症状がある際に~一般歯科~

歯が痛い、しみるなどお口の中に違和感を覚える場合は、むし歯の疑いもあるので、すぐに歯医者に通って一般歯科で診療を受けるようにしましょう。一般歯科では主にむし歯の治療を行っています。

むし歯は症状が進行すると痛みが増し、最悪の場合は抜歯が必要となるケースもあるので、早期発見・早期治療が何よりも大切です。早めに治療することで、治療期間を短縮でき、治療費も抑えることができるので、歯が痛い、しみるなどの症状がある場合は、お早めに当院までご相談ください。

どうしてむし歯になるの?

どうしてむし歯になるの?

むし歯とは、酸によって歯が溶かされてしまう病気です。口腔内のプラークには「ミュータンス菌」というむし歯菌が存在しています。そのミュータンス菌が食べ物に含まれる糖分をエサにして酸をつくり出します。つまり、むし歯を予防するには口腔内にできるだけ糖分を残さないことが大切なのです。

たとえば、代表的なお菓子であるチョコレートやアメ、キャラメルなどには、たくさんの糖分が含まれています。甘いお菓子をたくさん食べたり、食後にブラッシングをしなかったりすると、ミュータンス菌が活性化してむし歯になりやすくなるので注意が必要です。糖分の多いお菓子は控える、食べたら必ずブラッシングするなどして、むし歯の原因となる糖分を口腔内に残さないようにしましょう。

むし歯の進行段階と治療法

CO(初期のむし歯)
CO(初期のむし歯) むし歯菌によって歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態です。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状もありません。

【治療法】

適切なブラッシングやフッ素塗布などを行うことで進行とを防ぎ、再石灰化を促すことで治癒する可能性もあります。

C1(エナメル質のむし歯)
C1(エナメル質のむし歯) エナメル質がさらに溶けて、黒ずんで見える状態です。まだ痛みはありませんが、再石灰化による治癒は期待できません。歯科医院で治療を受けましょう。

【治療法】

むし歯菌に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めてしっかり密閉し、むし歯菌が入らないようにします。

C2(象牙質のむし歯)
C2(象牙質のむし歯) エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態です。ときどき痛むこともあります。象牙質はやわらかく、むし歯の進行が早いので、歯科医院で治療を受けましょう。

【治療法】

むし歯になっている部分をきれいに取り除いて、レジン(歯科用プラスチック)などで密閉し、むし歯菌が入らないようにします。患部が神経に近いため、治療後は冷たいものが歯にしみることがあります。

C3(神経まで冒されたむし歯)
C3(神経まで冒されたむし歯) 歯の神経までむし歯が到達した状態です。何もしていなくても激しく痛み、我慢するのも辛くなります。

【治療法】

むし歯菌が歯の神経にまで到達した場合には、抜歯が一般的な治療でしたが、当院では患者さんの大切な歯を残すために「根管治療」を行っています。

【重度のむし歯でも、抜歯せず「根」を残す「根管治療」】

「根管治療」とは、血管や神経の入った細いトンネル状の歯の根である「根管」から、むし歯菌に冒された神経や血管をきれいに取り除き、消毒して薬剤を詰めていく治療法です。治療後はクラウン(被せ物)を被せます。

根管は複雑なつくりになっているため難易度の高い治療ですが、せっかく残した歯が再発しないよう、当院では丁寧で確実な治療を心がけています。

C3(神経まで冒されたむし歯)

当院のむし歯治療について

一般的なむし歯治療では歯を削りますが、四條畷市の歯医者「医療法人 河野歯科」では、患者さんの大切な歯をできるだけ削らずにすむ方法をご提案しています。

3MIX法

薬でむし歯の原因である病原菌を殺菌することで、むし歯を治療するのが3MIX法です。

エナメル質と象牙質の除去
エナメル質と象牙質の除去
3MIXの塗布
3MIXの塗布
詰め物を詰めて完了
詰め物を詰めて完了
3MIX法――4つのメリットとは
  • メリット1.歯を削る量を最小限に抑えることが可能です
  • メリット2. 神経を残すことができる可能性が高くなります
  • メリット3. 治療による痛みを最小限に抑えることが可能です
  • メリット4. 通常の治療では難しいとされる根管治療にも有効です
レーザー治療

レーザー治療

レーザーの熱によってむし歯菌を殺菌し、健康な箇所のダメージを最小限に留めることができる治療がレーザー治療です。歯を削る量を減らすことによって肉体的・精神的な負担を大幅に軽減できます。

虫歯の進行度がわかる装置を導入しています

ダイアグノデントとは

ダイアグノデントとは

「ダイアグノデント」は、歯の表面に当てたレーザーの反射光を読み取ることで、むし歯の大きさを測ることのできる非常に優れた機器です。高精度な解析により、ごく初期の虫歯を検出できるなど、視診やレントゲンによる診断よりも高い確率で虫歯を発見することができます。

ダイアグノデントのメリット

むし歯の進行具合を数値で測定できるため、状態に合わせてより適切な治療が可能になりました。歯を不必要に削りすぎることは、歯を一生涯美しく健康に保つためには良くありません。ダイアグノデントを使うことで、なるべく歯を削らず経過観察をする治療を行うことができます

数値について

歯面に当てるのは低出力のレーザー光なので、痛みがなく、小さなお子様や妊娠中の患者様にも安心して測定を行えます。また測定された数値を用いて、むし歯の進行状態についてわかりやすくご説明することができます。

むし歯は「治療」ではなく「予防」を心がけることが大切

むし歯になってしまった場合は治療するのは当然ですが、治療が終わったからといって油断してはいけません。治療の終わりは予防のスタートです。適切なケアを行うことでむし歯の再発を防ぎます。ご自宅での適切なブラッシングと歯科医院での定期的なメインテナンスで、むし歯予防に努めましょう。

大切なのは、治療よりも予防すること 予防歯科はこちらから