歯医者に通えない方のもとへお伺いします(訪問歯科診療)

  • ホーム  > 
  • 歯医者に通えない方のもとへお伺いします(訪問歯科診療)

歯医者に通えない方のもとへお伺いします
~訪問歯科診療~

「訪問歯科診療」とは、通院が困難な方のもとへ歯科医師や歯科衛生士が訪問し、診療を行う医療サービスです。当院では検査機器や治療機材を車に載せ、ご自宅や施設までお伺いさせていただいております。

口腔ケアの必要性~全身の健康管理にもつながります~

以下は、要介護高齢者を対象に口腔ケアをしている人とそうでない人の発熱発生率および誤嚥【ごえん】性発症率をグラフ化したものです。

口腔ケアと発熱の関係性

口腔ケアと発熱の関係性

口腔ケアと摂食嚥下障害

口腔ケアと摂食嚥下障害

訪問歯科診療の対象者とは?

訪問歯科診療の対象者とは

寝たきり、歩行が困難等の要介護高齢者は、歯科治療が必要だとわかっていても通院が難しいケースが少なくありません。しかし、通院が困難な方ほど、歯科治療や口腔ケアが重要です。

お口の健康は、全身の健康と密接な関係にあります。入れ歯が合わない、虫歯や歯周病の症状がある、うまく食事が飲み込めないなどのお悩みを抱えたままで過ごしていると、全身の健康に影響を及ぼしかねません。特に、高齢者の死亡原因として多い「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」は、口腔ケアを定期的に行っているとリスクの軽減が可能です。また、家族や友人との会話を楽しんだり、しっかり噛んで食事をしたりすることは、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の向上、認知症の発症リスク軽減にもつながります。ぜひ、四条畷市にある河野歯科の訪問歯科診療をご利用ください。

訪問歯科診療の対象となる方

訪問歯科診療の対象となる方

訪問歯科診療は「通院が困難な方」だけがご利用できる医療サービスです。そのため、歯科医師より「通院が困難である」と判断された方が対象になります。

身体的・精神的な問題により通院が困難な方
  • 認知症や脳梗塞、パーキンソン病などの身体的な理由で通院が困難な方
統合失調症、重度のうつ病などの療養中で通院が困難な方
  • 歯科がない病院に入院している方(歯科治療の内容によっては体に負担がかかる可能性がありますので、入院先の主治医と連携を図りながら治療をしていきます)

    上記以外でも対象になるケースがあります。ご家族や施設での判断が難しい場合、お気軽にご相談ください。
訪問可能エリアについて

距離等から訪問可能エリアを限定させていただいております。
下記の空欄に訪問を希望する住所をご入力いただき「チェックする」のボタンを押すと、当院の訪問可能エリア内に含まれているか確認していただくことができます。

保険適応について

訪問歯科診療は、医療保険および介護保険の適用となります。歯科治療は「医療保険」、口腔内の清掃や入れ歯のメンテナンス、嚥下訓練などの医療指導は「介護保険」です。なお、自己負担額は医療費控除の対象となります。

医療保険

介護保険

国民健康保険・社会保険

通常の医療保険と同じ負担割合

介護保険

要支援・要介護の認定を受けている方は、歯科医師や歯科衛生士による「居宅療養管理指導費」に介護保険が適用できます。

※ケアプラン対象限度額の「枠外」となります。

後期高齢者医療保険

所得に応じて、1割または3割負担
(償還払い制度の適用も可能)

障がい者・生活保護

医療費の減免・助成が受けられる
(条件は各市町村によって異なります)

訪問歯科までの流れ

ご予約
ご予約 まずは、当院にお電話ください。 
072-803-3055
症状やご要望を簡単にお伺いし、ご自宅に訪問する日時を決定します。初診でも来院は不要です。
ご訪問
ご予約いただいた日時に、ご自宅へお伺いいたします。
訪問可能エリア内の介護施設や、入院先などへのお伺いも可能です。
ご訪問
カウンセリング
カウンセリング 問診や簡単な検査を行い、最適な治療プランをご提案させていただきます。お口に関する悩みや、ご要望などをお聞かせください。
治療開始
お口の状態や体調に合わせた治療、予防のための口腔ケアを行います。入れ歯の製作や歯の切削なども可能です。寝たままの姿勢や、車いすに座ったままで診察を受けていただくことができますのでご安心ください。 治療開始

治療後も、ご希望に応じてアフターケアをさせていただいております。入れ歯の調整、継続的な口腔ケア、食べ物の飲み込みを練習するリハビリなども可能です。健やかなお口を保つために、ぜひ当院をご活用ください。