歯ぐきから血が出る(歯周病)

  • ホーム  > 
  • 歯ぐきから血が出る(歯周病)

全身の病気にもかかわる“沈黙の病気”~歯周病~

全身の病気にもかかわる“沈黙の病気”~歯周病~

歯ぐきから血が出る……
口臭が気になる……
歯がグラグラする……
上記のような症状がみられる方は、歯周病かもしれません。実は、日本人の成人の約8割が歯周病である、または予備軍といわれています。初期では痛みなどの自覚症状がなく、気づいたときには症状が進行していることもあるため、「沈黙の病気」とも呼ばれる怖い病気です。

歯周病の影響は口の中だけではなく、心筋梗塞や脳梗塞など全身の病気にもかかわっています。重度の歯周病では歯ぐきを切開する外科的処置を行う必要があり、さらに悪化すると歯を失う恐れもあります。しかし、軽度の歯周病ならプラークや歯石を取り除く処置で改善が期待できるのです。自覚症状がある方もない方も、まずは歯科医院でチェックを受けることをおすすめします。

歯周病が全身に与える影響

歯周病は口腔内にとどまらず、血管や気管に入ることで身体中をめぐり、さまざまな病気を引き起こす原因になります。

糖尿病 糖尿病になると免疫力が低下し、歯周病を併発するリスクが高まります。歯周病菌により糖尿病を発症したり、歯周病を治療することで糖尿病が改善されたりするなど、双方は密接な関係にあると考えられています。
肺炎 歯周病菌を含んだ食べものやだ液が、誤って食道ではなく気道へ入りこんでしまうと、肺や気管支に感染して肺炎を引き起こす原因となります。特に高齢者は免疫力が低いため、誤嚥性肺炎になる危険性が高まります。
血栓による疾患 歯周病菌が血液に入りこみ全身に運ばれると、動脈硬化を誘導する物質のはたらきで血管内に血栓ができやすくなります。そのため、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった命にかかわる病気を引き起こす要因となります。
早産・低体重児出産 妊娠中は女性ホルモンの影響により歯周病になりやすい傾向にあります。歯周病菌の増加により免疫のバランスが崩れると陣痛に似た筋肉収縮を引き起こすため、早産や低体重児出産のリスクがあると考えられています。
メタボリックシンドローム 歯周病の病巣から放出される毒素は、メタボリックシンドロームの判断基準のひとつである血糖値を上昇させます。重度歯周病患者では血中CRP値が上昇し、動脈硬化や心筋梗塞の発症リスクを高めると考えられています。

歯周病になりやすい生活習慣とは?

歯周病は生活習慣ともかかわりがあります。以下に挙げるような生活習慣のある方は、歯周病にかかるリスクを下げるためにも、生活習慣の改善を図りましょう。

喫煙する 間食が多い よく咬まない ストレスを抱えている
一酸化炭素やニコチンが歯肉の末梢血管を収縮させることで低酸素状態になり、免疫力を低下させるといわれています。 歯周病菌の栄養となる糖分が長時間口腔内にあると、細菌が繁殖しやすい環境をつくってしまいます。 よく咬まないと、だ液がしっかりと分泌されないため、細菌を洗い流す効果が弱まり、細菌の繁殖につながります。 ストレスや疲労は免疫力低下をもたらし、歯周病のほか、あらゆる感染症にかかるリスクを高めます。
喫煙する
一酸化炭素やニコチンが歯肉の末梢血管を収縮させることで低酸素状態になり、免疫力を低下させるといわれています。
間食が多い
歯周病菌の栄養となる糖分が長時間口腔内にあると、細菌が繁殖しやすい環境をつくってしまいます。
よく咬まない
よく咬まないと、だ液がしっかりと分泌されないため、細菌を洗い流す効果が弱まり、細菌の繁殖につながります。
ストレスを抱えている
ストレスや疲労は免疫力低下をもたらし、歯周病のほか、あらゆる感染症にかかるリスクを高めます。

歯周病の症状と治療法

歯周病の症状と治療法

歯周病の予防および治療で大切なのは、歯に付着したプラークや歯石を取り除く「プラークコントロール」です。プラークコントロールには、患者さんご自身で行うセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアの2種類があり、その両方をきちんと行うことが大切です。

四條畷市の歯医者「医療法人 河野歯科」では、ご自宅でのセルフケアが正しく行えるように、患者さん一人ひとりに合ったブラッシングの方法をご指導します。プロフェッショナルケアでは、セルフケアで取りきれないプラークを専門器具でクリーニング。重症化している場合には、歯周ポケット内部のプラークや歯石を除去する手術や、失った歯周組織を回復させる再生療法などを行います。

軽度の歯周病(歯肉炎)
症状 処置・治療
ブラッシング指導 スケーリング
症状 ブラッシング指導 スケーリング
歯ぐきに軽い炎症が起こり、歯周ポケットが少し深くなります。ブラッシングのときに出血することもありますが、痛みなどはまだありません。 セルフケアである毎日のブラッシングが適切に行われるよう、一人ひとりの患者さんに適したブラッシング方法をご指導します。歯ブラシ・歯みがき粉などのご提案もいたします。 「スケーラー」という専門器具を用いて、毎日のセルフケアではなかなか落としきれないプラークや歯石を除去します。
症状
症状
歯ぐきに軽い炎症が起こり、歯周ポケットが少し深くなります。ブラッシングのときに出血することもありますが、痛みなどはまだありません。
処置・治療
ブラッシング指導
ブラッシング指導
セルフケアである毎日のブラッシングが適切に行われるよう、一人ひとりの患者さんに適したブラッシング方法をご指導します。歯ブラシ・歯みがき粉などのご提案もいたします。
処置・治療
スケーリング
スケーリング
「スケーラー」という専門器具を用いて、毎日のセルフケアではなかなか落としきれないプラークや歯石を除去します。
中度の歯周病(歯周炎)
症状 処置・治療
ルートプレーニング フラップ手術
症状 ルートプレーニング フラップ手術
歯ぐきが腫れ、歯周ポケットがより深くなります。炎症が歯を支えるあごの骨にまで達しています。歯のぐらつき、出血、口臭が気になりはじめます。 「キュレット」という専用器具を用いて、スケーリングで落としきれない歯ぐきの深い部分のプラークや歯石を除去します。汚れの再付着を防ぐため、仕上げに歯根表面をなめらかに研磨します。 局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して、歯周ポケットの奥深くに付着しているプラークや歯石を取り除く外科的手術です。歯周病菌に感染した組織も取り除いてから、歯肉を縫い合わせます。
症状
症状
歯ぐきが腫れ、歯周ポケットがより深くなります。炎症が歯を支えるあごの骨にまで達しています。歯のぐらつき、出血、口臭が気になりはじめます。
処置・治療
ルートプレーニング
ルートプレーニング
「キュレット」という専用器具を用いて、スケーリングで落としきれない歯ぐきの深い部分のプラークや歯石を除去します。汚れの再付着を防ぐため、仕上げに歯根表面をなめらかに研磨します。
処置・治療
フラップ手術
フラップ手術
局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して、歯周ポケットの奥深くに付着しているプラークや歯石を取り除く外科的手術です。歯周病菌に感染した組織も取り除いてから、歯肉を縫い合わせます。
重度の歯周病
症状 処置・治療
GTR法 エムドゲイン法
症状 GTR法 エムドゲイン法
歯を支えるあごの骨が半分以上溶けてしまった状態です。歯周ポケットが大きく開いて、歯がぐらつき痛みます。膿が出て口臭がきつくなり、さらに悪化すると、やがて歯は抜け落ちてしまいます。 歯肉を切開し、歯周病菌に汚染された組織を取り除いたあと、「メンブレン」という膜で覆って歯周組織を再生するスペースを確保し、再生を促します。この膜は組織再生後に取り除きます。 歯肉を切開し、歯周病菌に汚染された組織を取り除いたあと、「エムドゲインゲル」という薬剤を注入して歯周組織を再生するスペースを確保し、再生を促します。この薬剤は体内に吸収されるため取り除く必要はありません。
症状
症状
歯を支えるあごの骨が半分以上溶けてしまった状態です。歯周ポケットが大きく開いて、歯がぐらつき痛みます。膿が出て口臭がきつくなり、さらに悪化すると、やがて歯は抜け落ちてしまいます。
処置・治療
GTR法
GTR法
歯肉を切開し、歯周病菌に汚染された組織を取り除いたあと、「メンブレン」という膜で覆って歯周組織を再生するスペースを確保し、再生を促します。この膜は組織再生後に取り除きます。
処置・治療
エムドゲイン法
エムドゲイン法
歯肉を切開し、歯周病菌に汚染された組織を取り除いたあと、「エムドゲインゲル」という薬剤を注入して歯周組織を再生するスペースを確保し、再生を促します。この薬剤は体内に吸収されるため取り除く必要はありません。
歯周病によって失われた歯肉を補う手術
FGG(遊離歯肉移植術) CTG(結合組織移植術)
FGG(遊離歯肉移植術) CTG(結合組織移植術)
上あごの口蓋(こうがい)から硬い歯肉(角化歯肉)を切り取って移植する手術です。歯肉を硬くすることで、歯周病の進行を防ぎます。 上あごの口蓋(こうがい)から結合組織(上皮組織、結合組織、骨膜から構成される歯肉の一組織)のみを採取し、歯肉がやせて薄くなっている部分の上皮と骨膜との間に移植し、歯肉を増やす手術です。
FGG(遊離歯肉移植術)
FGG(遊離歯肉移植術)
上あごの口蓋(こうがい)から硬い歯肉(角化歯肉)を切り取って移植する手術です。歯肉を硬くすることで、歯周病の進行を防ぎます。
CTG(結合組織移植術)
CTG(結合組織移植術)
上あごの口蓋(こうがい)から結合組織(上皮組織、結合組織、骨膜から構成される歯肉の一組織)のみを採取し、歯肉がやせて薄くなっている部分の上皮と骨膜との間に移植し、歯肉を増やす手術です。

毎日のブラッシングをより効果的に

歯周病を予防したり、これ以上進行しないようにしたりするには、プラークや歯石を除去することが大切です。毎日のセルフケアを効果的に行うことができるよう、歯科医院でご自身に合ったブラッシング方法を教わりましょう。

口腔内の状態や、ブラッシングの癖などにより、汚れがたまりやすい部分はそれぞれ異なります。歯ブラシはもちろん、デンタルフロスや歯間ブラシを使用しながら、一人ひとりに合った方法でケアをすることでより効果的にプラークを除去することができます。

デンタルフロス
デンタルフロス 特にむし歯になりやすい、歯と歯の間を集中的にケアできるのがデンタルフロスです。細い糸状で、その両端を両手の指に巻き付け、歯と歯の間をみがき、食べかすやプラークを除去します。歯ブラシと併用することで、むし歯や歯周病の予防効果を高めます。
歯間ブラシ
歯間ブラシ 歯と歯肉の間をケアするのに向いているのが歯間ブラシです。若い方は歯と歯の隙間が小さく、歯間ブラシが入らない場合が多ですが、歯と歯の隙間が広くなってきた方は、歯間ブラシでのケアがおすすめです。隙間の大きさに合わせたサイズを使用しましょう。

大切なのは、治療よりも予防すること予防歯科はこちらから

歯医者に通えない方のもとへお伺いします訪問歯科診療はこちらから