健康な歯でいたい(予防歯科)

  • ホーム  > 
  • 健康な歯でいたい(予防歯科)

健康な歯を長持ちさせるために~予防歯科~

  • 予防歯科
  • 定期検診で3ヶ月に1度通院していただく理由
  • 治療を中断するデメリット

むし歯になってから治療するよりも、むし歯になるのを未然に防ぐことができれば、お口のダメージをより少なくすることができます。定期検診により歯の状態を確認し、長期間にわたり健康な歯の状態を維持できるように処置を行うのが予防歯科です。

予防歯科で定期的にチェック&ケアを受けることで、健康な歯を長持ちさせることができ、結果的に歯にかかる生涯治療費を抑えることにもつながります。ご自身の状態に合った処置を受け、口腔内の健康を維持しましょう。

日本と歯科先進国の予防における意識の差

国ごとの70歳での平均残存歯数の違いをご確認ください。歯科先進国であるスウェーデン、米国、英国は、それぞれ20本、17本、15本です。それに対して日本はたったの8本です。こんなにも残存歯数に差があるのはなぜなのでしょうか。

日本と歯科先進国の予防における意識の差

国別に定期的に歯科医院でメインテナンスを受けている人の割合を見ると、スウェーデンは約90%、米国は約80%、英国は約70%であるのに対して、日本はたった2%です。これらの調査結果が、歯科先進国と日本の歯科予防に対する意識の差をはっきりと示しているといえるでしょう。私たち歯科医院は、この2%という数字を引き上げていくことこそ使命であり、責務だと認識すべきと考えます。

予防処置のご紹介

フッ素塗布

フッ素塗布

むし歯菌への抵抗力を高める作用があるフッ素を歯に塗布することでむし歯を予防する処置です。歯の再石灰化を促し歯質を強化するはたらきもあり、ごく初期のむし歯の治癒も期待できます。

PMTC

PMTC

プラークや着色汚れなどを、専用の器具を使ってクリーニングして取り除くのがPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)です。セルフケアでのブラッシングでは落としにくい歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を定期的にクリーニングすることは、むし歯や歯周病の予防には効果的といえます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

患者さん一人ひとりによって異なる口腔内の状態を、口腔衛生のプロフェッショナルである歯科衛生士がチェックします。セルフケアではみがき残してしまっている部分などを把握。そのうえで一人ひとりの患者さまに合ったブラッシング法をアドバイスいたします。

シーラント

シーラント

奥歯の溝には食べかすが詰まりやすく、ブラッシングもしにくいため、他の歯に比べてむし歯になりやすい条件が揃っています。その奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋め、むし歯の原因菌がたまりにくい形状にすることで、むし歯を予防する処置です。

咬み合わせの確認

咬み合わせの確認

咬み合わせが乱れていると、適切なブラッシングが難しくなるため、むし歯や歯周病の原因になりがちです。また、咬み合わせの乱れが、顎や顔、全身のゆがみを招くこともあるので、咬み合わせに乱れが生じていないか確認を行います。

予防歯科の重要性について

「歯医者は、むし歯や歯周病になったときに治療を受けるために行くところ」というお考えの方がまだまだ多いのが現状です。むし歯にかかると治療のたびに歯を削られ、少しずつ歯を失うことになるし、痛みや治療費用などの負担も増え続ける一方です。

治療が必要になったら歯医者に行くということは、“わざわざ悪くなるのを待つ”ということです。つまり、治療と再発のくり返しです。お口の健康を維持するためには、悪くなるのを待ってから治療するのではなく、“悪くならないように予防する”ことが重要なのです。

四條畷市の歯医者「医療法人 河野歯科」では、予防を目的に3ヶ月に1回の定期検診をおすすめしています。もし、むし歯や歯周病にかかってしまっても早期発見・早期治療につながりますので、忘れずに定期検診を受けましょう。

予防歯科料金表

予防処置 費用
自費治療 フッ素塗布 2,000円
PMTC 10,000円

定期的なチェックと予防ケアを 定期検診で3ヶ月に1度お呼びする理由についてはこちらから

治療は途中でやめないで! 治療を中断するデメリットについてはこちらから

四條畷市の歯医者「医療法人 河野歯科」診療予約はこちらから 072-803-3055 0120-837-118